2024.06/22

非侵襲性迷走神経刺激とは

VNSと非侵襲性の迷走神経刺激

てんかんと迷走神経でもご紹介したように、

てんかんの治療法には体内にデバイスを埋め込み迷走神経を刺激する、

VNSという治療法があります。

これらは様々な研究から、安全性と忍容性が確かめられていますが、

いくら安全と言われても、手術のリスクもあるし、

「体の中にデバイスを埋め込む」ということに躊躇する人も多いでしょう。

耳介の経皮的迷走神経刺激

身体の外からの迷走神経刺激

そのため、現在は体内にデバイスを直接埋め込んで刺激するのではなく、

体の外から迷走神経を刺激する経皮的迷走神経刺激が注目されています。

研究では、耳の迷走神経刺激(迷走神経耳介枝)を刺激することで、

体内埋め込み型のVNS と同様の効果が大脳にもたらされることが報告されています。

リハビリに活用される経皮的迷走神経刺激

脳卒中後の上肢麻痺のリハビリ治療にも、体内に埋め込み型の VNSは利用されています。

そこで、VNSに替わって経皮的な迷走神経刺激による治療を行ったところ、

回復に有用であることが示され、改善が促進されると報告されています。

手術のリスクがない経皮的迷走神経刺激は、

今後VNSと替わる有用な治療法になるかもしれません。

しかし、まだまだ明らかになっていないことも多く課題も残されており、

数多くの研究がされています。

リハビリと経皮的迷走神経刺激については、下記URLからでも詳細を確認できます。

ぜひ、読んでみてください。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjrmc/59/5/59_59.484/_pdf/-char/en

次回も非侵襲性迷走神経刺激についてご紹介いたします。